ヒアルロン酸の製造法

ヒアルロン酸サプリメントは、原料であるヒアルロン酸の製造法によって大きな違いがあります。ヒアルロン酸の製造法には主に、「天然物からの抽出法」と「微生物によるバイオ製法」の二種類があり、このページではそれらの違いについてそれぞれ述べさせていただきます。

サプリまず天然物からの抽出法についてです。天然物の原料としてはヒアルロン酸の含有率が高いニワトリのトサカを使用されることが多いです。メリットとしてはヒアルロン酸以外の有効成分も多く含有しており、高い安全性が保証されている点が挙げられます。しかし、天然物が原料となってしまうため大量生産することが困難で価格も高くなりがちというデメリットもあります。

このデメリットを克服したのがは微生物によるバイオ製法です。乳酸菌やストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)、ゾウリムシやミドリムシなどのバクテリアを用いた発酵技術により、高品質のヒアルロン酸を大量に製造することが可能となったため、より安価な価格で入手できるようになりました。かつて、ストレプトコッカスを用いて製造したヒアルロン酸を摂取した際に感染症を引き起こす可能性が指摘されたこともありますが、ヒアルロン酸の分離精製技術の進歩でそれらの可能性も限りなく低くなっています。

ヒアルロン酸サプリメントを選ばれる際には、添加されているヒアルロン酸の製造法にも留意して検討されてはいかがでしょう。